« 牛の楽園 | トップページ | また踏切 »

2009年9月 7日 (月)

火の玉列車 オホーツクへ

土曜の夜からDice K氏に連れられて、釧路までマイケル・ケンナの写真展を見に出かけました。
我が家で氏と合流し、出発してから10分ほど、旭川の外れで見つけた踏切。

助手席のおじさんは、ボーっとしていて気づかなかったのですが、氏が見つけてUターン。
霧の中に浮かび上がる踏切を満月が照らす、というなかなか見られない情景。

4873

撮り始めてすぐに警報音が鳴り響き、霧の中から列車のヘッドライトが姿を現す。
なんという幸運!

ただ考える時間がなかったとです。
とっさの状況で、おじさん何を思ったか、ISO6400に上げてひたすら連写しておりました。
結果はさておき、このタイミングで列車が通過するなど、神が下りてきたかと思う瞬間だったのでした。

因みにこの列車は後で調べたところによると、網走行き 特急オホーツク7号でありました。

4883

幸先がいいわい!!
と気をよくしたのですが・・・

ここで、今回の旅の運を全て使い果たしてしまったことに気づくはずもない二人だったのでした。


ということでして、あとは他人様にお見せ出来るような写真は撮れなかったとです。

|

« 牛の楽園 | トップページ | また踏切 »

コメント

おいら的には、いかようか使い道がある写真が撮れましたよ。


てか、水門もダメだったんすか?

投稿: Daisuke Asaka | 2009年9月 7日 (月) 19時54分

Daisuke Asakaさん
水門もね〜、観光写真なら撮れましたけど。

タンチョウ全滅がイタイ。

津別峠と湿原、再チャレンジします。

投稿: おじ | 2009年9月 7日 (月) 20時05分

ご無沙汰しております。
一枚目、なんか好きです。。。(o^-^o)

投稿: Hikaru | 2009年9月 7日 (月) 21時26分

一枚目、ドラマ性があるな~なんか映画のセットみたい。良い雰囲気です!

投稿: 凧tako | 2009年9月 8日 (火) 08時47分

Hikaruさん
一枚目ありがとうございます。
せっかくの霧だったのですが、なんと列車が通過したあとすぐに消えてしまったのでした。
近づいて写しておきたかったのに・・・

投稿: おじ | 2009年9月 8日 (火) 19時47分

凧takoさん
一枚目ありがとうございます。
近くなので、通ってしまうかも??

投稿: おじ | 2009年9月 8日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火の玉列車 オホーツクへ:

» A列車で行こう [A列車で行こう]
A列車で行こうの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「A列車で行こう」へ! [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 01時10分

« 牛の楽園 | トップページ | また踏切 »