« 北の国から2010 記憶 前編 | トップページ | ある日 »

2010年5月20日 (木)

北の国から2010 記憶 後編

一人になりたかった。
畑の中を歩き続けて、一軒の廃屋に着いた。

1436

ここは僕らが麓郷に移住して最初に住んだ家だ。

ここに立っていると、あの頃の事を次から次へと思い出すんだ。

1443

しばらくここで過ごすのも悪くないかもしれない。

1439

拝啓、REIちゃん
こっちに戻ってから、REIちゃんが一人で札幌に住んでいる事を知りました。

今まで忘れていた、いや忘れようとしていたあの時の記憶が、
あの時のあの音と共に、ボクの中で際限なくボリュームを上げていくんだ。

・・・

1756

・・・なんちゃって

|

« 北の国から2010 記憶 前編 | トップページ | ある日 »

コメント

文章と写真の雰囲気がマッチしていて楽しませてもらいました!
最後の水仙が、ホッと和みますね。

投稿: ピスタ | 2010年5月21日 (金) 19時27分

ピスタさん
だんだん恥ずかしくなってきました。
忘れて下さい。σ(^_^;)

投稿: おじ | 2010年5月21日 (金) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532415/48410899

この記事へのトラックバック一覧です: 北の国から2010 記憶 後編:

« 北の国から2010 記憶 前編 | トップページ | ある日 »