網走支庁

2010年3月24日 (水)

東へ 3 能取岬

アイヌ語で「ノッ・オロ」(岬のところ)

能取湖側から岬を目指して走ることにしました。
上空の怪しげな雲が気分を盛り上げます。

0088

夜明けの頃に着いていたら、不気味な色に染まっていたのかもしれませんね?

0102

0104

岬は軽く流して、網走の道の駅で思案する。
ハテ、どうしたものか。

これから大荒れの天気になることはわかっている。
この後はどこへ行くかも決めていなかったし、もちろん宿の予約なんかもしていない。
最悪車の中で寝られる準備だけはしてあったが、暴風雨の中での車中泊はいただけない。

輪をかけるように激しく雪が降ってきた。
網走の町を歩く事も考えていたが、そんな天気でもないらしいし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

東へ 2 白鳥一家

アイヌ語で「レタッチリ」(白い鳥)

0113

集合!!
0126

ハイよ〜
0122

え〜〜、今日は低気圧が来ているので、飛行は中止します。
0130

どこか温泉でも浸かってくるか。
0119

網走市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

東へ 1

21、22日と大荒れの天気の中、道東で軽ーく遊んできました。
旭川は強風に吹雪で大変だったようですが、あちらは少し風が強い程度で、拍子抜けするほど。
どうしてこんな時に・・って思うかもしれませんが、おじさんの場合連休なんて滅多にないので、行くと決めたらいくしかないのだ〜!!
まあ、そんな天気ですから、夕焼け、朝焼けのドラマチックな景色はなしということで、しばらく続きますがお付き合いの程よろしくお願いします。

「チパシリ」(幣場のある島)

0081

朝日なんて出ないことは分かっているので、余裕の3時出発。
6時半頃、結氷の網走湖でオジロワシらしき鳥を発見!!
おじさんの場合、大きい鳥はオジロワシかオオワシってことにしてしまうので、、、間違っていたらすまんことです。
今回の旅は、最初にこんな大物を発見してしまったので、この後も続々と冬のスター達との出会いが・・・

0083

それにしても、300mmじゃ足りん!!
普段は必要ないけど、こんな時は500mmぐらいは欲しいね〜〜〜〜〜

網走市

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

砂湯にて

帰りは少し遠回りして、屈斜路湖経由で。

9919

9926

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

博物館 網走監獄

流氷が来ていたら行かなかったかもしれない場所ですが、これがなかなか興味深いところでして・・

9816

明治の脱獄王

9894

昭和の脱獄王

9913

そして、目玉商品(?)がこの監獄食。
なかなか美味でしたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

網走はやっぱり雪だった

9802

9791

知床からの帰り道、朝は寝ていた白鳥さんもさすがに目を覚ましていましたが、雪だけは降り続いていたようで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

あれ!流氷だよね?

9749

知床半島の高い位置からやっと見つけた白い海。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

監視中

知床からの帰り道、大きな岩の上に留まっているオジロワシを発見!
体は海の方を向いているのですが、怪しいおじさんが近づいたためか、顔だけこちらに向けていました。

97694

9771

流氷が戻ってきているようですね。
ウトロには再接岸したようですし・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

「うとろ・シリエトク」にて

今週はネタがないです。
Twitterでちょっとつぶやいてみましたが、昨日の朝2時に家を出て、網走で夜明けを迎えました。
流氷がないのは分かっていましたが、雪で日の出も拝むことが出来ず、そのまま知床までロングドライブ。
結局一日で800キロ近い距離を走ってしまうという無茶をやって疲れ切ってます。

9764

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

再度、津別峠へ

結局翌朝の撮影は、もう一度津別峠からに決定!!こうなりゃ何度でも行ってやる。
どうせ車の中で寝るつもりだから、そんなに長時間寝られる訳もないので、適当な場所で車を止めて・・・と思いつつ、峠の登り口に近い屈斜路湖の和琴半島まで来てしまいました。

駐車場に車を止めてベッドメイキング、寝袋は氷点下でもオッケーの冬用?なのでポカポカなのだ。
しかし、なんちゃってフラットシートは腰が痛いのなんのって!!
足が伸ばせるのはいいけれど、完全にフラットにならないのは困りもの、去年は平気だったのにな〜、年か?

それでも、ここは夜になると車の出入りが少ないので、道の駅なんかで泊まっているよりも快適たっだな。
目覚ましに起こされて、車をスタートさせるとすでに空が明るくなりかけていた。
時間を読み違えてしまったようで、ちょっとあせって峠を攻める。

展望台に着くとすでに十台ほど先客がいた。
湖畔から登ってきたので、雲海が出ていないのは分かっていたけれど、初めてこの展望台からの景色を眺められるとあって、おじさん急いで三脚を抱えて階段を登る。

5419

「やっと姿を現したな!雲海はまた今度の楽しみにとっておいてやるぜ!!」
な〜〜んて思っている余裕がないほど寒い!!!

あまりにも寒いので、車に戻ろうかな〜とか考えて後ろを見ると、これまた素晴らしい景色でして、見通しのいい場所がないか探していたんですよね。

5541

すると、後ろで一斉にシャッター音が響き渡ったとです。
それが日の出の瞬間だったと気づいたのは、少し時間が経ってからで・・・σ(^_^;)

5462

もう少しここに居てもよかったんだけど、、、、寒さに負けた。
そこそこ厚着はしていたんだけど、手袋までは用意していなかったので、手が冷たくてだめ。

車に戻って外気温計を見ると2度だった。

つまらない記事が続いてごめんなさいね〜。
明日で終わります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧